background-eyecatch
eyecatch

ほしい情報やグラフがサイトにないときのオープンデータ活用 ~東京都のオープンデータ分析~

4.2(35)
3
avatar
su2umaru
進捗
0/0

メニュー

概要

皆様はネット調査をされていて、ほしい情報やグラフがサイトにないときにどう対処されていますか?
例えば東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイト では都内の最新感染動向が日々更新されているため、東京都の動向を知りたければまずはこのサイトを見れば一通り情報を網羅できます。
例えば以下の情報が載っています。

  • 新規陽性者数
  • 発熱等相談件数
  • 新規陽性者における接触歴等不明者数
  • 検査の陽性率、検査人数
  • 救急医療の東京ルールの適用件数
  • 入院患者数
  • 重症患者数
  • 陽性者の属性
  • 陽性者数(区市町村別)
  • ワクチン接種数
  • 新型コロナコールセンター相談件数
  • 都営地下鉄の利用者数の推移

しかし「年代別の新規陽性者数の推移」のような少し踏み込んだ情報はこのサイトにありません。
そんなときに打つ手段の1つがオープンデータの活用です。
本レシピでは東京都オープンデータカタログサイトに公開されているオープンデータを活用して、ほしい情報やグラフをオープンデータから生み出す方法を解説します。
実際に「年代別の新規陽性者数の推移」をオープンデータから可視化して分析します。

学べること

  • オープンデータの取得
  • データの前処理
  • データの可視化と分析

始める前のスキルセット

  • Python基礎

実務活用例

ネット調査でほしい情報やグラフが見つからないときに自らその情報やグラフを分析により得ることができるようになります。

キッチン

開発環境

  • Google Colaboratory

ツール

  • Python 3
  • pandas
  • Plotly

データセット

東京都_新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 から取得します。
取得方法から調理で解説します。

調理

テスト

csvとは何で区切られた値から構成されるファイルですか?

本レシピでPythonによるAPIリクエストを行うときに使用したライブラリはどれですか?

本レシピで欠損値の確認に実行したコードはどれですか?